端午の節句の由来と歴史

「端午の節句」は5月5日にあたり、「菖蒲〔しょうぶ〕の節句」とも言われています。
この「端午の節句」が現在の「子どもの日」となりました。

端午の節句の起原は、古代中国にさかのぼります。
この日は、邪気を避け魔物を祓う薬草とされていた菖蒲や、よもぎを軒につるし、
また菖蒲湯で体のけがれを祓って無病息災を願いました。

このような行事が、後に日本の奈良時代から鎌倉の武家社会へと広がっていきました。
そして、武家社会になると、「菖蒲」と「尚武」をかけて、
「尚武の節句」へと変わっていったといわれています。

その後江戸時代になると、徳川幕府は5月5日を重要な日として、
定めるようになりました。
大名や旗本が式服で江戸城に出向き、お祝い品等を奉じるようになりました。
それ以降、男の子が生まれると、玄関前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて、
男の子の誕生と成長を祝うようになっていきました。

これらの風習が、徐々に庶民の間にも広まっていったとされています。

このように時代の流れとともに、端午の節句は、男の子の厄除けと健康祈願のお祝いとして、
現在の子どもの日にまで繋がっています。

現在は子供たちのお祝いの日として、楽しいお祭りの日として、様々な行事が行われていますね。

その他の記事

pagetop